海外で壊れたiPhoneの画面修理を日本でした場合

海外で壊れたiPhoneの画面修理を日本でした場合

海外で壊れたiPhoneの画面修理を日本でした場合 海外で壊れたiPhoneの画面修理を日本でした場合、その修理に対して保険が使えることがあります。
海外旅行保険に加入していれば、旅行中に生じた損害に対して保険金が支払われます。
条件は各保険によって異なりますが、それを満たしている場合は、帰国後に修理をした費用を申請して、それが認められる保険料が支払われます。
独立して海外旅行保険に入っていない場合でも、クレジットカードを持っていれば、付帯保険で海外保険がついていることがあります。
その場合も同じく、iPhoneの画面修理を帰国後に行った際にかかった費用を請求することができます。
具体的な請求の仕方、必要な書類、申請の期限、条件などは、当然ですが各保険で異なりますので、サポートデスクや会社のホームページ等で確認しましょう。
一番確実なのは、申請のために用意されている窓口に電話をかけることです。
そこで、詳細なことを教えてもらうことができますし、手続を開始することができます。
これは早めに行っておいた方が良いです。
期間は各会社ごとに異なりますが、いずれもそんなに長い間申請できるわけではないからです。
それを一日でも過ぎてしまえば、当然ですが支払われるはずだった保険金は支払われません。

海外で壊れたiPhoneの画面修理をした場合保険料はどうなる?

海外で壊れたiPhoneの画面修理をした場合保険料はどうなる? 海外で壊れたiphoneの画面修理をした場合、海外旅行の保険に加入していれば保険料が支払われます。
つまり、無料で画面修理をすることが可能になります。
海外旅行の保険に直接は加入していない場合でも、クレジットカードを持っていれば、海外旅行保険の付帯サービスがついていることが多いです。
そのため、付帯サービスがあるかを確認して、あるならば壊れたiphoneの修理に保険を利用しましょう。
支払いは立て替え払いになりますが、申請が下りればiPhoneの画面修理にかかった費用支払ってもらうことができます。
ただし、保険が下りるためには手続きをしなくてはなりませんし、クレジットカードの付帯保険であれば条件を満たしている必要があります。
例えば、旅行代金をクレジットカードで決済した場合などと条件があることがあります。
そのため、海外旅行にもっていく呉地とカードを事前に決めておいた方が良いです。
また、手続に関しては、必要となる書類、申請をすることができる期間など詳細なルールが定まっています。
これは、早めに確認しておいた方が手続きをする上での支障が無くなりますので、海外旅行から帰国したら、iPhone修理をする前に確認のため、デスクに連絡しましょう。

新着情報

◎2017/5/19

壊れてしまった時の状況 の情報を更新しました。

「iPhone 修理」
に関連するツイート
Twitter