iPhone修理に出す前に

iPhone修理に出す前に

iPhone修理に出す前に iPhoneを修理に出す前に絶対にやっておくべきことがあります。
それはデータのバックアップと「iPhoneを探す」をオフにしておくことです。
この中で最も重要なのはデータのバックアップです。
データのバックアップを怠ってしまうと、連絡先や写真やアプリやゲームなど、様々なデータが修理の過程で消える可能性が高いのです。
バックアップは別の場所にデータを保存しておくことですが、保存したデータは後で復元できます。
これに関しては個人情報なので修理店では行ってくれません。
従ってデータは修理に出す前に必ず自分でバックアップをとりましょう。
バックアップはiCloudとiTunesのどちらかで行えます。
「iPhoneを探す」という機能は紛失したiPhoneを位置情報を使って見つけ出すための機能で、悪用された時は遠隔操作でデータを消去できます。
この機能をオフにしておかないと修理に出せないので必ずオフにしておきましょう。

iPhone修理をしてから申請

iPhone修理をしてから申請 iPhoneは、購入後1年以内の限定保証や、Apple Care+に加入する事で、保証規定が適用される範囲であれば、特別料金で修理サービスを受けられたり、場合によっては、無償で交換してもらえるケースもあります。
しかし、それらはあくまでもオンラインのApple公式サポート、実店舗のApple Store、Apple正規サービスプロバイダ認定店舗に修理を申請した場合のみで、一度でも非正規の業者などに修理を依頼した場合は、保証規定から外れてしまい、正規の特別なサービスが受けられない場合があります。
ただし、非正規の修理を利用したからと言って、その後一切の修理の申請を受け付けない訳ではありません。
特別料金や、無償交換の対象からは外れますが、通常料金での修理は可能です。
イメージとしては、ある日突然iPhoneが故障したが、正規の店舗が近くには無く、オンラインの公式サポートに依頼する時間はない、そんな時に、最寄の即日対応の非正規サービスに修理を依頼した等ということは、十分あり得る事です。
正規のサービスと、非正規のサービスのリスクとベネフィットを検討した上で、あとはユーザーそれぞれの判断になります。

新着情報

◎2017/5/19

壊れてしまった時の状況 の情報を更新しました。

「iPhone 保証」
に関連するツイート
Twitter